キレイのすすめ

MENU

そのケア、続けられますか?

継続できるケア

美容もダイエットも毎日続けられるものを選ぶことが大切です。
最初は「キレイになるためなら絶対にやり遂げる!」と思っても、いざ始めてみると3日もすればイヤになってしまいます。

 

私も以前は、「間食を一切しない!」とか「毎日運動する!」などとダイエットの目標を高く決めてはいつも失敗に終わっていました。
「間食を一生しないなんて無理、運動嫌いな私が毎日運動なんて続くわけがない」と悟ってからは、マイペースでダイエットを心がけています。
例えば、甘いものが食べたくなったら、「チョコレート5粒まで」とか「カロリー少な目のグミを食べる」など、カロリーの摂りすぎに気を付けつつ食べています。

 

それから、普段の食事も油っこいものの摂りすぎに気を付け、3食バランスよく食べています。
炭水化物は控えめにして、ご飯はご飯茶碗1杯分の半分の量にして食べています。

 

また、運動不足気味でもあるため、天気のいい日は20分くらい近所をウォーキングしています。
ウォーキングであれば運動嫌いの私でも無理なく続けられるので、かれこれ3年近く続いています。
劇的に痩せたわけではありませんが、体型は引き締まってきました。

 

そして、美容に関しても、面倒くさがりでお金も掛けたくない私は、やはり無理なく毎日続けられる基礎的なことだけをやっています。
洗顔は朝と夜の入浴時に、泡立てネットで作った泡で丁寧に洗います。
このとき、洗い残しがないように丁寧にすすぎます。
その後、すぐに化粧水をつけ保湿します。

 

たまにですが、お風呂上りにパックをするのですが、毛穴の開きとくすみが気になるため、「クリアターン・ホワイトマスク(ビタミンC配合)」を愛用しています。
オイリー肌気味なのですが、べたつくこともなく、使用した次の日は肌がもっちりしているような感じがします。
前は高いスキンケアを買っては肌に合わず後悔していましたが、それよりも毎日の基本的なスキンケアをするほうが私には合っているようです。

 

現在30代後半ですが、20代のころより肌の調子がいいようです。


運動嫌いなわたしが日頃心がけていること

日々の心がけ

運動は億劫、でも皮下脂肪、中性脂肪が取れづらい年代になり、日常生活でできることは「お腹をしぼる」こと。
しぼるというのは、引き締める、力をこめるというイメージで、腹筋を強くする効果もあります。

 

ついついだらんとしがちな、へそ回りに、ぐっと力をこめることで、姿勢もよくなりますし、空腹感も少し減る感じがします。
立っていても、座っていても、また寝ているときも実践できますのでお勧めいたします。

 

あとは、スワイショウといって、両手を前と後ろに交互に前後にふるだけの運動です。
反動をつけて前後にふる振り子運動です。
これを100回でもすると、肩こりも軽減されますし、呼吸が楽になって気持ちが良いです。
腹をしぼりながら、息をふっふっと吐きながら手を前後に振ると、更に効果があがります。

 

あとは、便秘対策です。
運動不足や腹筋不足、ストレス等で腸にストレスがかかると便秘になりがちです。酷い便秘になってしまうと、肌荒れ・慢性疲労のほか見た目にもお腹がポッコリとして不快なものです。
これを解消するために、下剤や便秘茶、座薬なども試しましたが、最終的には酸化マグネシウムのカプセルを取ることに落ち着きました。
副作用も少なく、水を集めて排泄するので、固い便が柔らかくなり、腸内環境が少しずつですが、改善されていきました。

 

ヨーグルトや納豆の摂取に加えて、ビオフェルミンのサプリメント摂取とも併用しています。
食事で食物繊維や善玉菌が補えればよいのですが、なかなか忙しくて補えない場合なと、こういったサプリメントを取る様に心がけています。